Certificate

認定制度

コンサルタント認定条件

【試験受験資格】
コンサルタント認定試験の受験条件として「JDCAコンサルティング講座全過程修了」+「-1歳からのヘルスプロジェクト全課程修了(全コース受講+特別顧問山田豊文先生の講演いずれか1回)」両方を修了してことが必須です。
詳細はこちらをご参照ください:養成講座について・Q&A


【認定試験】
受験資格を満たした方は、コンサルタント認定試験をご受験できます。
3月に実施いたしますが、合格できなかった方で再度挑戦される方、遠方やご事情などでどうしてもご都合が合わない方には、随時可能な範囲でご対応いたします。
一次試験:オンライン出題に対しての筆記試験
二次試験:実技、面接


【合格判断基準】
いずれも講座内で触れます。
1.身だしなみ、言葉遣い、ふるまい、話し方などといったビジネスマナー
2.知的財産権、機密保持等への基本的理解
3.全般的なコース講座内容への基本的理解
4.分析力、コミュニケーション力等、講座でお伝えする範囲内でのコンサルティングスキル



コンサルタント認定証を授与された方は、同時に本協会へ登録することができます。
希望者は名前と認定番号を本WEBサイトに掲載いたします。

コンサルタント登録について

認定試験に合格された方にはディプロマをお渡しいたします。
協会へご登録される方については、クライアント様への信頼に一丸となってお応えし続けることができるよう、スキルアップのためのフォローを継続的に行います。
(上記主旨から、ご登録されないでご活動される方については、受講後のご活動についてフォローはできかねますのでご理解ご了承下さいますようお願い申し上げます。)


アドバイザー認定制度

いきなり一人でコンサルティングをするのは難しいが、少しずつ周囲の方にアドバイスをしながら経験を積んでいきたいという方には、コンサルタントとしてではなく、アドバイザーから始めていただくことも可能です。
窓口としてご相談を受けるお役目をしていただき、詳細については協会の登録コンサルタントと連携を取りながら進めていくので安心です。

合同相談会開催等活動支援

同じ目線で親の立場から一緒に考え、意見交換をしながらスキルアップしていきたい、そんな方には、ご登録下さったコンサルタントたちが数名でグループ活動できるような支援もしていきます。

講師採用制度

本協会に登録された方の中で希望者に対し年1回、講師採用面接を行います。
採用が決定された方には次年度より講師としてご活躍いただきます。
講師の方が増えて下さることで、各地域での講座開催が可能となります。
ぜひ積極的にご応募ください。
詳細についてはアドバンスコース終了後、お問い合わせ下さい。

支部長採用制度

一般社団法人212Roungeの社員として本協会の運営に携わっていただきます。
条件はアドバンスコース終了後、講師として採用され最低1年実績を積んでいただくこととします。
詳細についてはアドバンスコース終了後、お問い合わせ下さい。


発達障害・不登校などの悩みに強い!子どもの発達研究所・JDCA® TOPへ戻る

お知らせ一覧

オンデマンド講座(お申込者限定)

1日セミナー・相談会