小宮 けい:協会運営代表理事

食事と発達障害・意識と無意識・思考法・人間学他講義全般担当

学歴

千葉県立船橋高等学校卒
早稲田大学第一文学部中退
中央工学校女子建築設計科卒

職歴

大学病院の院内感染防止システム・手術部設計7年
(洗浄・消毒・滅菌・感染防止概念/細菌学/ワークデザインシステム設計等を学ぶ)
一般住宅・店舗・家具建築設計7年
無添加化粧品開発およびブランディング10年
高校受験生対象塾講師・家庭教師 主要5教科全部 総合期間15年(サブワークとして)

資格
予防医学指導士(認定番号:PC10175)
代替医療カウンセラー(認定番号:PC20013)
臨床分子栄養医学研究会会員
予防医学・代替医療振興協会会員
発達障害コミュニケーション指導者認定中級指導者(認定番号:16DLM010)
クレヨンアートセラピスト
二級建築士
量子場師(上級過程終了)

現在の仕事

一般社団法人212Rounge 代表理事 (戸籍名:小野寺恵子 ※小宮は旧姓 けいは愛称です)
発達障害コンサルタントとして活動中
量子場調整技術による心身の調整
各種講座講師
(食事と発達障害、健康と美、人生論・量子場観察術、量子場師3days他)
その他プロフィール詳細はこちら

強みまたはアピールポイント

医療・建築・美容・教育・製造と様々な業界で、新規事業開発や営業企画運営、採用面接や新人教育等に携わってきました。
建築業界においては、設計だけでなく現場監督も経験しています。

職人さんたちのいる町工場や建築現場、そして中小企業から大学や病院といった大組織までを広く見てきたこと、またそれぞれの業界で新しいことにチャレンジし続けてきたからこそ、学歴ではない、社会でやっていくスキルがいかに大切か、どんな業界でどんな可能性があるかをお伝えできます。

また自分の幼少期からの家族関係や結婚後、夫や子供たちとの関係を通して多くのことを経験したことも、皆様の様々なお悩み・お気持ちに沿わせていただけるベースとなっているように思います。
発達障害に関しては、圧倒的なご相談件数をこなしていることも強みです。
今までいただいた感謝のお声

生い立ちや人生経験など
またそこから学んだことや糧にしたこと

私は生後7か月で里子に出されました。
それまで生まれなかったことにされているので、本当の誕生日も体重等の記録も一切ありません。
ちなみに唯一わかっているのがどうやら生まれた日は2月12日らしいということです。
縁のある数字だろうということで社団法人212Roungeという社名に使いました。
212という数字は信じることを叶えていくという力があるそうです

育てていただいた家の養父は自宅の職場で手術器具をつくる職人でした。
ものつくりに対する姿勢や仕事ということを考える土台となっています。

養母は誰ともうまく関係を結べず、常に何かに怒り・わめき、文句を言い、破壊する人でした。
私の一切合切が気に入らず、ささいなことで機嫌を悪くし家事を放棄するので、私は幼稚園の頃からすでに”たらい”で自分の衣服を洗濯したり、小学生の頃から自炊したりしていました。

お金を稼ぐ力がなかった高校生まではおとなしい優等生でいましたが、アルバイトをきっかけに親元から離れることにし、ここから弾けて大学を中退します。

その後も様々な経験を経て結婚に至るわけですが、結婚後、今度はこのお仕事をするきっかけとなった家族たちと20年奮闘することになりました。
詳細は先述のその他プロフィール詳細はこちらから私の家族のこと、というところをお読みいただければ幸いです。

波乱万丈な人生でしたが、子供の頃から一度もどうして私だけ?とか、苦しいとか悲しいというように思ったことがありません。
人を憎んだり恨んだりといった感情もありません。

一番の強みはおそらくこの飛びぬけた自己肯定感の強さと物事を俯瞰(ふかん)してみることのできる執着心のなさなのかなと思います。

お伝えしたいこと

「軽やかに・美しく」
人生という趣味を満喫したいなと思っています。
同じものを見るのでもいいところを探す。光を当てる。どうしても合わない場合は切り離す。
コツはあらゆるものに「学ばせて下さりありがとう」という感謝の気持ちを持つことかなと思います。

Facebook:www.facebook.com/komiyakei
HP:ddmtherapy.jp

関連記事一覧

講座受講申込

お問い合わせ